美味しいお米を直販する農家さん・お米屋さんを紹介するサイト。管理人が実際に食した美味しいお米、信頼できるお米屋さんをご紹介します。玄米、無農薬米も。

美味しい米NAVI-農家さんから直売で米を買うサイト-

コシヒカリ 10㎏あたり5000円台 もちもち弱 白いご飯を楽しみたい

新潟産コシヒカリの特徴が強い米「吟精」

投稿日:

2013年の新米をいただきました!
新潟県産コシヒカリ「吟精」です!新潟県産コシヒカリの特徴が強い米

新潟産コシヒカリの特徴を強く持った、甘くてモチモチ、それでいてとても柔らかいお米でした。
>>今回私が頂いたお米はこちら。
無洗米【吟精】新潟産コシヒカリ 5kg

新潟産コシヒカリの特徴

新潟県は言わずと知れた日本一の米どころ。
魚沼産コシヒカリが有名ですが、魚沼という地域は、新潟県の南部で、群馬、長野、福島県に接する地域にあります。
一日の寒暖の差が大きく、豪雪地帯につき雪解け水が豊富で、米を育てるのに最も適した気候と風土を持った土地だと言われています。

新潟県のコシヒカリは、従来のコシヒカリに「いもち病」に対する耐性を強める改良を加えた「新潟県独自のコシヒカリ」で、コシヒカリBLと呼ばれています。

新潟県のコシヒカリは、コシヒカリの中でも柔らかいのが特徴。
モチモチとした食感や、粘りも強く、ほんのり甘い。
従来のコシヒカリより新潟県のコシヒカリの方が、ツヤがあり粘りが良くなっている、と私個人的には思っています。

お値段の割に美味しいお米・お得感大!新潟ケンベイの米「吟精」

で、本題。
今回いただいた新潟コシヒカリ「吟精」は、新潟産のコシヒカリが5㎏2890円というお値段とくらべて、相当いいお米だと思います。
粘りも柔らかさも甘みも申し分なし。
しかも、最新技術を導入した無洗米ですので、このお値段はお安いと感じました。

新潟コシヒカリの特徴の強い米
味が濃く、粘りも強いので、こってり味のおかずと一緒に、ガッツリご飯もお腹いっぱい食べるぞー!という方にお勧め。
朝ご飯にサラリと食べたい人には、少々重く感じるかも。
冷えてもおいしいので、オニギリやお弁当にもおススメ。
冷えてもベッチャリと粘ることなく、冷たいままオニギリを握っても美味しくいただけます。

新潟産コシヒカリ吟精

最新技術の無洗米!タピオカで磨く!

さらにこちらの「吟精」の特徴は、最新技術のタピオカで磨いた無洗米ということ。
タピオカには加熱するとヌカを吸着する性質があるそうで、その性質を利用してヌカを取っているんですって。
だから、奥の奥までヌカが取れていて、表面がとってもサラサラしたお米になっていました。
米を山の様に積み上げようとしても、スルスルと滑って全然つみあがらない!広がってしまうほど、摩擦が少なくてサラサラなんです!

新潟産コシヒカリ吟精

米同志の摩擦が少ないので、計量カップにも通常よりもたくさんのお米が入ります。
無洗米は少し多めに水を入れますが、この「吟精」はたくさんのお米が入っていることも考慮して、さらに多めのお水で炊くことがポイント!

私個人的な目安は、1合に付き目盛から1ミリ多めです。
これは3合の時の水加減。普通の無洗米より、ちょっと多めです。

無洗米の水加減

もちろん、発送直前精米

米にこだわるお米屋さんとしては、当たり前ですが、こちらの「新潟の米ケンベイ」さんも発送直前に精米してくれていました。
厳密に言うと、発送日の前日に精米してくれていましたので、精米日の2日後に私の手元に届きました。
お米を愛する私にとって、嬉しい限り。

直前精米のコシヒカリ

無洗米で研がずに炊けるということを合わせても、かなりコストパフォーマンスはいいと思います。
新潟県産コシヒカリの特徴である、粘りはあるけどちょっと柔らかめ、ツヤツヤの美味しいコシヒカリを食べてみようかな、と思っている人は、一度トライしてみてください。

>>今回私が頂いたお米はこちら。
無洗米【吟精】新潟産コシヒカリ 5kg

新潟県産コシヒカリの特徴の強い米

-コシヒカリ, 10㎏あたり5000円台, もちもち弱, 白いご飯を楽しみたい
-

Copyright© 美味しい米NAVI-農家さんから直売で米を買うサイト- , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.