美味しいお米を直販する農家さん・お米屋さんを紹介するサイト。管理人が実際に食した美味しいお米、信頼できるお米屋さんをご紹介します。玄米、無農薬米も。

美味しい米NAVI-農家さんから直売で米を買うサイト-

コシヒカリ 10㎏あたり6000円台以上 もちもち強 減農薬米 白いご飯を楽しみたい

魚沼産コシヒカリ(非BL)と新潟コシヒカリ(BL)を食べ比べ!

投稿日:

今回ご縁があり、新潟県・魚沼の米農家さんから「新潟・魚沼産のコシヒカリ」(非BL)を送っていただきました。

魚沼の天然水を使い、化学肥料未使用・農薬7割減というこだわりの米農家さんの「コシヒカリ」(非BL)なのに、メッチャ安いの!!!

DSC_6636

「低農薬・化学肥料未使用」という自然栽培のコシヒカリ(非BL)が欲しい!と思っている人にはぜひおススメしたい、日本一の米どころ・魚沼の米農家さんの「コシヒカリ」(非BL)です。

>>魚沼の米農家・丸山さんちのHPはこちら

BLコシヒカリと非BLコシヒカリの違いについて

さっきから、コシヒカリの後についてる「非BL」ってなんや?と思っている人も多いでしょう。丸山さんちのお米に触れるにはこの「非BL」ってところが大事なので少し説明させてくださいね。

新潟県で作られているコシヒカリって必ず「新潟コシヒカリ」って書いてありますよね。
これはどうしてかと申しますと、「新潟コシヒカリ」は新潟県独自に改良されたコシヒカリ だからです。
「新潟コシヒカリ」は従来の「コシヒカリ」を【いもち病】に強く耐えられるように品種改良したもので、従来の「コシヒカリ」とは厳密に言えば別の品種になります。
専門家は、この改良後のコシヒカリをコシヒカリBL従来のコシヒカリを非BL と呼んでいるんだそうです。

DSC_6980

新潟県内ではこの改良後のコシヒカリ(非BL)が一斉導入されていて、「新潟コシヒカリ」という名前で販売されています。
この品種でないと農協も取扱いをしない取り決めになっているんですって。

で、この改良後のコシヒカリと従来のコシヒカリ、何が違うの?ってところなのですが。
『味は変わりません!いもち病に対して強くなるように品種改良しただけです!』というのがお役人の意見なのですが、米農家さんたちの間には『従来のコシヒカリの方がおいしい!いもち病に強くなったけれど味は落ちた!』という方々もいらっしゃるのが現状のようで。。。

しかし、新潟県では改良後のコシヒカリ(BL)が一斉導入されているので、コシヒカリ非BLを作っても農協などへの販路が閉ざされてしまっていて、非BLのお米は作っても売れない、という状況にあるのです。

しかーし!
今回お米を送っていただいた丸山さんは、新潟県魚沼という日本一有名な米どころで「従来のコシヒカリ」(非BL)を作っている貴重な米農家さんなんです。

しかも!

使うお水は天然水100%、化学肥料は一切使わず、農薬も7割減!というこだわりのお米です。
このお米が魚沼産ですから。こんなすごい付加価値はありません!

BLコシヒカリと非BLコシヒカリを食べ比べ その味の違いは?

今回ご丁寧にも、試食米を送っていただくにあたり、改良後のコシヒカリ(BL)と改良前のコシヒカリ(非BL)を同時に送っていただきまして、有り難く食べ比べをさせていただきました!

僭越ながら、私がBLコシヒカリと非BLコシヒカリを食べ比べたその感想です。

BLコシヒカリと非BLコシヒカリ・味の違い

コシヒカリBLとコシヒカリ非BL。味は正直大変よく似ています。
どこがどう違う!というはっきりとした差が感じられない、というのが正直な感想でした。

DSC_6982

従来のコシヒカリ(非BL)のお味は、炊き立ての時の風味(ふわーんとした甘い匂い)や、甘さの点で、BLよりもおいしいなと思いました。
冷めた時の甘さも非BLの方が美味しいですね。むしろ冷えた方が甘く感じる様な気がしたくらいで…。

オニギリにするとその甘さがよくわかります。冷えていても「なるほど甘いな~、塩と海苔が良く合うな~。」(ただの食いしん坊のようですが)と幸せになります♪。

改良後のコシヒカリ(BL)の方は、まず炊き上がった時のツヤツヤ感が非BLよりキレイ。
以前新潟県産のコシヒカリを買った時も「そうそう!こんな感じでピカピカしてたな!」と思い出しましたので、これはBLの特徴なのでしょうか。
その他、もっちりとした歯ごたえや粘りといった外形的な所は、BLの方が少し上かな、と感じました。

冷えたご飯もいただいたのですが、粘りがちょっと強い分だけ固く感じてしまいましたので、オニギリや冷ごはんでいただくには非BLの方がいいですね。

お味も確かに非BLの方が濃いとは感じるのですが、BL米も美味しかったです。

BLコシヒカリと非BLコシヒカリ 食べ比べた感想まとめ

生意気ではありますが、今回私が食べ比べた結果はこんな感じになりました。

比較した点 従来のコシヒカリ
(非BL)
改良後のコシヒカリ
(BL)
粘り 100 110
甘さ 100 90
風味 100 90
つや 100 110
冷えたオニギリ 100 80

まとめて言うと、改良後のコシヒカリ(BL)の方は「粘り」と「つや」がすごい!
だからモチモチと弾力のあるコシヒカリを楽しみたい人は改良後のコシヒカリ(BL)の方がおススメ。
しかし、甘味や風味に関しては、従来のコシヒカリ(非BL)の方が上だと私は感じました。
フンワリとしたお米の甘さを感じたい人は従来のコシヒカリ(非BL)の方が楽しめるんじゃないかな~。

これはあくまでも、新潟・魚沼の米農家・丸山さんから送っていただいたお米を食べ比べてみたの私個人の感想です。
もちろんお米にもランクがありますので、良いランクのお米は美味しいはずですし、個人の好みでもその美味しさの感覚は変わってくるものだと思いますので、あくまでも、あくまでも、私個人の感想としてご覧くださいね。

新潟県・魚沼産のコシヒカリが格安で買えます!米農家・丸山さんがおススメ

さて、この度、貴重な「新潟県魚沼地方で作られた、コシヒカリ」それも貴重な「従来のコシヒカリ」(非BL)を送っていただいた、米農家・丸山様。

DSC_6983

生意気にもただの米好きの主婦に対してご丁寧なメールを何度もいただき、お米はもちろん、丸山様のお人柄を好きになってしまった私。

もう、どっちが美味しいとか関係なく、丸山さんの米なら旨いに決まってるだろ!って感じです(笑)。
当たり前ですが、発送直前に精米してくれるし、なんせ、農家さんから直接届くコシヒカリですからね。美味しくないわけがないんです。

このこだわりの、
新潟ではほとんど作付けされていない非BLのコシヒカリ が、
新潟県魚沼地方で作られているコシヒカリ が、

なんと

5㎏3000円(平成25年度新米価格)で買うことができます。

こんなに安くていいのかな?と心配になっちゃうほどですが、ホントに丸山様のお米は安くて旨いです。
昨年は早々に新米が売り切れてしまっていましたので、新米の時期になったらさっそく予約することをおススメします。

丸山様、おいしいお米をありがとうございました。

>>今回「従来コシヒカリ(非BL)」を送っていただいた新潟県魚沼の米農家・丸山さんちのHPはこちら

-コシヒカリ, 10㎏あたり6000円台以上, もちもち強, 減農薬米, 白いご飯を楽しみたい
-, , ,

Copyright© 美味しい米NAVI-農家さんから直売で米を買うサイト- , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.