美味しいお米を直販する農家さん・お米屋さんを紹介するサイト。管理人が実際に食した美味しいお米、信頼できるお米屋さんをご紹介します。玄米、無農薬米も。

美味しい米NAVI-農家さんから直売で米を買うサイト-

銘柄別・お米の特徴解説

ななつぼし

投稿日:

マツコデラックスさんがCMで「こっちの方が好き」と言っていることで一躍脚光を浴びている北海道のお米「ななつぼし」。
知名度はまだまだですが、サッパリとしたお味ふっくらとした歯ごたえ が特徴の、今後大注目のお米です。

「ななつぼし」の味の特徴

ななつぼしの味の特徴ななつぼしは、柔らかい食感で人気の「ひとめぼれ」の血統を強く引く品種です。
ふっくらとした炊き上がりと、主張の強すぎない控えめなお味が特徴です。
さっぱりとしたお味ですが甘いお米の香りが鼻に抜けるのが心地よく、知らず知らずのうちにおかずを平らげ間食してしまう名脇役といったところです。
粘りも強くないので、お腹に持たれることもなく、たくさん食べられます。

白いご飯だけでガツガツと食べたい男性には少々物足りないお味かもしれませんが、さっぱりとご飯を食べたい女性にはきっと気に入っていただけるお米だと思います。

粘りも強くありませんので、翌日冷ごはんのままオニギリにしたりお弁当に詰めたりしてもベッチャリしません。
柔らかい食感なので、小さなお子様の離乳食などにも食べやすいと思います。

北海道産「ななつぼし」のCMで、マツコデラックスさんが「こっちの方が好き」とおっしゃっていますが、これは以前「月曜から夜更かし」という番組で、濃い味代表「ゆめぴりか」とサッパリ味代表の「ななつぼし」を食べ比べたマツコさんが「ななつぼし」を非常に気に入った様子で「こっちの方が好きよ♪」と連発していたことに由来するんだと(勝手に)思っています。

確かに「ゆめぴりか」はガツンとした濃い味が特徴で粘りも強いお米ですから、濃い味のおかずと一緒に食べたい男性に人気のあるお米です。
一方「ななつぼし」はふんわりとしたお米本来の風味を感じながら食べられるお米で、マツコデラックスさんは「野菜みたいなお米ね」と評されていましたよ。

>>私の「ななつぼし」試食レポートはこちら

「ななつぼし」に合う料理

ななつぼしに合うメニュー

  • 焼き魚・煮魚など和食の魚料理

    肉よりは魚、洋風よりは和風の味付けのおかずが良く合います。

  • 丼物・炊き込みご飯など

    粘りが少なくベチャつかないので、丼ものにも良く合います。お米の味がサッパリしているので、炊き込みご飯なども出汁の風味が良く生きて美味しい。

ななつぼしには不向きなメニュー

  • とんかつ・焼肉・ステーキなど味の濃い肉料理

    味の濃いおかずにはさっぱり味が負けてしまいます。ふんわりとした食感にも肉料理はあまり合わない気がします。

  • カレーライス、お寿司、チャーハンなど

    とにかく柔らかい食感が特徴のななつぼし。カレーライスやお寿司・チャーハンは固めの食感のお米の方が美味しいので、ななつぼしには不向き。

-銘柄別・お米の特徴解説

Copyright© 美味しい米NAVI-農家さんから直売で米を買うサイト- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.