美味しいお米を直販する農家さん・お米屋さんを紹介するサイト。管理人が実際に食した美味しいお米、信頼できるお米屋さんをご紹介します。玄米、無農薬米も。

美味しい米NAVI-農家さんから直売で米を買うサイト-

銘柄別・お米の特徴解説

こしひかりの特徴

投稿日:

美味しいお米と言えば「コシヒカリ」と思われている方も多いほど、美味しいお米の代名詞となっている「コシヒカリ」。
コシヒカリといえば美味しいお米だと思い込んでいる方も多いと思うのですが、産地によってお味も異なりますし、必ずしもコシヒカリがいいお米だとは限らないと思います。

コシヒカリの味の特徴

kosihikariコシヒカリといえば、しっかりとした旨みと粘りが特徴で、ツヤも抜群
旨み・粘り・柔らかさ・香り・見た目すべてにおいて優秀なお米です。
旨みも粘りも強いので、ご飯も味わってガッツリと食べたい!と言う方にお勧めのお米です。
ご飯だけを口に入れた時のガツンとくる強烈なお米の味やにおいはコシヒカリ独特。
ずっしりと思い粘りと柔らかさもコシヒカリの長所で、オカズもご飯も濃い味が好きな方(特に男性)がコシヒカリを好む方が多いようです。

米自体の味が濃いので、薄味の和食などと一緒にいただくと、おかずが負けてしまうこともあります。
その強い粘りのために、チャーハンや丼物にするとベッチャリとしてあまりおいしく出来上がりません。
薄味の和食を中心に召し上がっている方、お子様がいてご飯をアレンジして召し上がることが多い方には、コシヒカリは個性が強く使いにくいかもしれません。

また粘りも強いので、お腹にどかんと来る気がします。
朝はあっさりと食べたい・お酒の後でサラリとご飯を頂きたい、と言う方には不向きかも。
「濃い味のおかずに負けない濃い味の米!」を求める方には、コシヒカリがお勧めですよ。

コシヒカリ・産地による味の違い

日本で栽培されている品種の中で、味のバランスが良く、安定して収穫できるのが特徴です。
東北地方以南九州まで広い地域で栽培されているため、産地によって大きく味に違いが出ています。

私の主観ですが、新潟・福島のコシヒカリは 、柔らかく粘りが強いです。
もう少し暖かい地域で育ったコシヒカリは、粘りが弱めのような気がします。

ねっとりとした粘りで、モチモチと食べたい方は、新潟県もしくは福島のコシヒカリを、味は濃くてもサラリと食べたい方は、近畿・東海・九州地方のコシヒカリをお求めになるといいと思いますよ。

コシヒカリに合う料理

ensoku_sコシヒカリは濃い味と強い粘りが特徴のお米です。
ですから、おかずや合わせるお料理も、濃い味の物が良く合います。
粘りが強いので、お寿司やチャーハンなどお米を調理するメニューはベッチャリしてしまって合いません。

 

コシヒカリに合うメニュー

  • 焼肉・ハンバーグ・カラアゲなど味の濃いおかず

    コシヒカリの味に負けない濃い味のおかずが良く合います。

  • おにぎり・弁当など

    冷えてもおいしいので、おにぎり・お弁当にも最適。

コシヒカリには不向きなメニュー

  • あっさりした和食の味の薄いおかず

    味付けが薄いとお米の味に負けてしまいます。

  • チャーハン・お寿司・混ぜご飯など

    粘りが強いので、ご飯を調理するメニューは不向きです。

-銘柄別・お米の特徴解説

Copyright© 美味しい米NAVI-農家さんから直売で米を買うサイト- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.